【DQMSL】闘技場黒い霧リーグのパーティ構成【闘技場考察】

平成29年1月10日(火)から、闘技場の黒い霧リーグが開催されている。ウェイト制限はないが呪文禁止ということで、呪文以外の特技を持つモンスターでパーティを構成していくことになる。

無制限ということで資産があればアギロゴスや魔王☆4を並べて力押しで攻めきることができると思う。自分は多少の課金はしているがアギロゴスや強い魔王☆4は持っていないので、攻撃だけでなく守備も踏まえたパーティ編成が必要になる。

【攻撃】
斬撃、体技、息あたりからの選択ということになるが、斬撃は防御力によってダメージが減少するため安定しないうえミスが発生することもあるため積極的には使えない。体技、息は無属性の特技を選んだほうがどんな相手にも対応できて使い勝手がよいが、現在の闘技場は相手パーティ構成が見えるようになっているので、対戦相手を厳選することで属性主体のパーティ編成も可能となる。特にウェイト制限がある場合は耐性が緩くなる傾向にあるので属性が使いやすい。今回は無制限なので、属性主体での突破はちと困難か。

【防御】
闘技場リーグは6日にわたり開催されるが、防御を考える必要があるのは5日目から。
有効な手段は
・におうだち、みがわり
・亡者の執念(くじけぬこころ)
・反射系の特技・特性

あたりか。このあたりからいくつかを組み合わせてパーティを構成していく。

で、今回のパーティ構成は、とりあえず初日から4日目まではこんな感じ。

ハーゴンの騎士☆4+4+4(ナイトメアソード+3、はやぶさぎり+3、みがわり)
竜王☆4(咆哮+3)
魔剣士ピサロ☆4(神速の一閃+1、グランドクロス)
魔壺インヘーラー(魔壺の呪縛+3)
冥獣王ネルゲル☆2(超流星+3)

魔剣士ピサロは神速の一閃、属性があえばグランドクロスも。
ハーゴンの騎士は基本ナイトメア、すばやさで負けそうな場合はインヘーラーのみがわり。すばやさリーダーの場合、耐久は低い傾向にあるので火力は足りる。火力兼亡者で、一人二役を期待。あとはリザオ発動などで集中攻撃したい場合は、はやぶさ斬り。
ネルゲルは最後のお掃除役で、リーグ戦においてラウンド最後の行動が確定する超流星をぶちこむパーティ構成となっている。
残り二体は行動が固定。

昔、結構課金していたので、初期魔王が充実している。今回は無制限リーグなので、魔王が中心となってしまった。呪文が使えればドメディ、デスカイザーあたりをいれるのだが。

5日目からは竜王を抜いて低レベル凶スカルゴンをいれてダブル亡者戦法でいくか、竜王を抜いててんのもんばんを入れ、におうだちを取るかだが…

今回はにおうだちが有力か。というか、ダブル亡者は何も手立てが無いときの最後の手段にしたい。

てんのもんばんは斬撃をほぼ無視できるので、呪文、息、体技の対策を考えればよい。今回は黒い霧リーグなので呪文対策は不要。
息はアギロゴス、インヘーラーが辛いが、ピサロのおいかぜが最速で間に合う。
体技は対戦相手を吟味して回避。息ではなく体技を回避対象にした理由は、息持ちを対戦相手から回避することが困難であること(アギロゴスかインヘーラーどっちかは大抵パーティにいる、ゾーマも息持ち)、体技はグランドクロスが無効なので、ピサロやドレアムが相手にいると楽になること。
呪文禁止がない完全無制限リーグであれば、におうだちでの対策が困難なので亡者パーティにするのだが、今回は対策可能と思われるのでにおうだち戦法で挑むこととしたい。
で、とりあえずパーティを組んでみる。

しかし、これでは火力不足か。ピサロがおいかぜに回ると、ハーゴンの騎士とインヘーラーで削り、ネルゲルでとどめになるが、ロト剣持ちピサロとかいると絶望的なる。素早さあるから、あと一撃のところでネルゲルの追撃がかわされたりするんだよね。
ハーゴンの騎士を抜いて竜王を入れ、リーダーをインヘーラーにして火力アップ。

こんなところか。リーダーが素早さアップでないので、おいかぜ間に合うか心配だが、種+黄金の爪で素早さ684あるんでまあ大丈夫かと。

対戦結果は、また掲載します。

スポンサーリンク
google_ad
google_ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google_ad